こんにちは。

管理栄養士のひかりです。

田舎生まれ田舎育ちのわたくしは短大で栄養士を取得しました。

その後給食会社で栄養士として働いていた給料が、手取り13万でした。

その生活を6年続けてきたからこそ身についた方法をお伝えします。

◼️結論:食べるメニューを固定して食費を抑える

例えば普段の私の食事を公開します

朝食:卵・納豆・バナナ・ごはん・プロテイン(115円)

昼食:外食やコンビニ弁当(400円)か、夕飯の残り物弁当(250円)

夕食:・魚か肉・ごはん・野菜は生で食べたり炒めたり蒸したりレンジでチンしたり(レタス1/4〜6玉・キャベツ1/6玉・きのこ類・きゅうり1本・トマト)(魚:420円/肉:350〜370円)

基本はこんな感じです。

◼️1番たいせつなのは朝食

朝起きて活動するために脳にエネルギーが必要なのでしっかり補給しましょう

あと朝食を固定するメリットとしては

①「朝食なに食べよ・・」と考える時間を省くことでストレスも減ります

②無駄なものを買わなくて良いので安く済む

◼️朝は炭水化物とタンパク質さえ取れていれば脳が働き始めます

極論〝たまごかけご飯〟だけ食べておけばいいです。

たまご1個:20円  ご飯1杯(自炊):40円

________________________

計  な、な、、なんと60円ですよ!

◼️一方、、、朝食をコンビニで済ませていると

菓子パン:150円  コーヒー150円 

____________________

計 300円です

◼️1ヶ月その差  7200円(朝食だけで!!)

ふむふむ。希望が見えてきましたね

朝食を食べることで仕事の生産性も上がり、中には仕事の評価も上がるそうです

それにともなって上がるのは言うまでもなく

お給料ですよね!(期待大)

◼️一人暮らしで手取り13万円で生活している人!

しっかり生きていて素晴らしいですね!!!

世界にたったひとつの貴方のそのお身体、これからもたいせつに♡

最後まで読んでいただきありがとうございます。

コメントを残す