1、本番の4ヶ月前から作成する

2、式場の決まりはきちんと守る

3、有料ソフトはFinal Cut Pro Xがおすすめ

4、出席者の名前の確認

5、出来上がったDVDは式の1ヶ月前には必ず式場で確認する

  

  

  

◼️本番の4ヶ月前から作成する

✅初心者の人でも余裕を持って結婚式ムービーを作れるから

   

  

◼️式場の決まりはきちんと守る

式場ごとにスクリーンのサイズや決まりごとがあるのでそれを読み込んでください。

✅式場の決まりに沿わないとせっかく準備したムービーが台無しになるから。

   

・式場はほぼ4:3スクリーンサイズのようです。私の失敗談として途中まで横広のテレビサイズで作ってたので4:3に変えたことで文字が消えたり写真がはみ出したりしまして、二度手間の作業が増えました。

・1ムービーあたりDVD1枚制で、動画が繰り返し流れないようにとのこと。

・前後に3秒程度の黒映像を入れること。

    

   

   

   

◼️有料ソフトはFinal Cut Pro Xがおすすめ

✅買い切りのソフトですが、DVDへの書き出し機能搭載で使いやすいから。

→無料ソフトでムービー作ったとしてもそれをDVDに書き出すのに書き出し用のソフトを買わないといけないのです。

※Youtubeで使い方を学べる

初歩的な基本操作から応用編まで幅広いクリエイターのかたがわかりやすく動画で紹介されています。

MACのみの対応ソフトとなりますが、iPhoneユーザーならFinal Cut Pro Xを買うべきです!

   

   

   

◼️出席者の名前の確認

✅名前の間違いは非常に見つけにくいから、日を空けてのダブルチェックがおすすめ。

 

 

◼️出来上がったDVDは式の1ヶ月前には必ず式場で確認する

✅式場で実際に暗くした時に見えにくい部分などわかるから。

 

 

 これから結婚式自作ムービーを作るかたへ参考になれば嬉しいです( ・∇・)

コメントを残す