マロニーは低GI食品を謳ってますがほんとなのでしょうか!?

→ホームページにはまだ詳しくは書いてありませんがほんとの可能性が非常に高いです。

管理栄養士の視点から解説していきます。

 

 

◼️そもそもGI(ジーアイ)てなに?

→食品に含まれる糖質の、身体への吸収度合いのことです。

「過体重、肥満、2型糖尿病の発症リスクを、低GI食品が低減させる可能性がある」というレポートが出されるなどの背景があります。

 

〜高GI・中GI・低GIの紹介〜

高:  クッキー・チョコレート・フライドポテト・白米・パン・菓子パン・もち・かぼちゃ・いも

中:  うどん・パスタ・さつまいも・動物の肉・バナナ・アイスクリーム・いちご・魚介類

低:  海藻・きのこ・大豆・ナッツ・玄米・ライ麦パン・なし・チーズ・ヨーグルト

 

 

◼️マロニーの原材料はジャガイモ澱粉で高GIのいもの仲間とも感じますが

なぜマロニーは低GIなのですか?

 

→ジャガイモでんぷんに含まれる特性として①高い粘性を有する。③糊化温度が低い(糊化しやすい)。これが理由です。

 

✅粘性が高いと消化吸収にかかる時間をゆるやかにするためと考えられます。

✅糊化温度が低い(糊化しやすい)ことにより人間の体内38度程度でも糊化状態を保つことができ、消化吸収に時間がかかるからと考えられます。

 

 

※マロニーのホームページには“近日公開予定”と書かれていましたが先に予想記事として書かせていただきました(本日2020年1月20日)

昨日の記事に朝ごはんでマロニーを使ったメニューを公開しています!御参考までに。

コメントを残す